その他一覧

夫がマタニティーブルーになる原因は?対処法と注意点は?

マタニティーブルーは女性が妊娠や出産をしたときに 感情が不安定になることをいいますが、 実は男性も女性と同じようにマタニティーブルーに似た 症状になることを知っていましたか? 男性がマタニティーブルーになると育児の参加を放棄したり 家庭から逃避したりして夫婦の危機を招く場合もあります。

旦那が子育てを手伝ってくれない時の対処法は?動かし方とイライラ発散法

昔は「男は外に出て働き、女は家を守るもの」という考えが当たり前だった時代、子育ても母親がするべきと言われていたものです。 ですが今の時代、女性も出産後働く人も増えてきていますので、「子育て」は決して母親だけがしないといけないことではありません。 子育ては夫婦でするものです。

子育てに夫が口出しをする時の対処法は?むかつく時と嫌いにならない方法は?

赤ちゃんが生まれると子育てに口出ししてくる夫が むかつくというママもいると思います。 口出ししてくる夫の特徴は 神経質で細かい性格でもありますね。 手伝ってくれて口出しされるならまだいいのですが、 最悪なパターンだと口は出すけど 何も手伝ってくれないという夫ですよね。...

子育て中寝ている旦那に殺意がわいた時や効率のいい睡眠のとり方

赤ちゃんが生まれると最初の難関はズバリ「寝不足」ではないでしょうか? 数時間おきに泣くわが子のお世話で大変なのに横で「ガーガー」いびきをかいて寝ている旦那。 赤ちゃんが泣いているのに起きないってどういうこと?? と私は何度も思いました。 そして翌朝、寝不足な私に向かって「あんま寝れなかったんだよねぇ」

育児で父親が出来る事は?ママが喜ぶことやメリットは?

赤ちゃんが生まれるとママが大変そうなので 何かできる事はないかと考える 優しいパパもいるのではないでしょうか。 そう考えてくれる事自体が ママにとっても嬉しいですよね。 しかし実際は赤ちゃんが生まれると ママが育児の中心になり自分の出る幕はないと 考えてしまうパパもいますよね。 それでもママの負担を

子育てに自信のない夫を父親にするコツは?自覚がない原因と任せる時のコツは?

母親は出産後すぐに「母親」としての自覚が生まれますが父親はどうしても自覚がないように思います。 我が家のパパは父親という自覚はありますが、子育てには非協力的でした。 とにかく赤ちゃんという小さくて今にも壊れそうで「怖い」と言っては首が据わるまではあまり抱っこしていなかったような気がします。

子育て中のネイルはいつからいいの?注意点とおススメは?

子供が生まれるとママはしばらく自分の時間が持てなくなります。 もちろん、オシャレにかける時間すらなくなります。 ですがママになっても綺麗でいたいと思うのが女心です。 「ネイルしたいなぁ」と思うママは多いと思いのではないでしょうか。 ですがネイルしてもいいものか気になりますよね。