赤ちゃんの便秘解消に白湯は効果があるの?量やいつからあげるの?

赤ちゃんが便秘で苦しそうにしていると、
親はいてもたってもいられなくなりますよね。
どうにかして少しでも和らげてあげたいと思い、
赤ちゃんに白湯を与えるのが良いのかな
と考えるママもいますよね。
赤ちゃんの便秘解消に
本当に白湯は効果があるのでしょうか?
量やいつからあげるのか何もかもが初めてで
どうすれば良いのか戸惑ってしまいますよね。
色々と調べてみましたので、
よろしければ是非参考にしてみて下さい。

スポンサーリンク

赤ちゃんの便秘解消に白湯は効果があるの?

赤ちゃんの便秘解消に白湯って
本当に効果はあるのでしょうか?
そもそも便秘の原因は「体内の水分不足」
と言われていますので、白湯は赤ちゃんの便秘に
とても効果的と言えるでしょう。
白湯は40度から50度位の体温より
少し高い程度の温度ですので
体内を冷やす事なく体内に優しく吸収していきます。
なので、体内に馴染みやすい
水分摂取方法と言えるでしょう。
また、食べ物の消化を促進してくれる効果もあるので
白湯を飲むことによって体の冷えを防ぐのと、
内臓機能の働きが向上できます。新陳代謝が良くなり
体内に付着している老廃物を押し出すことができる
デトックス効果もありますので
赤ちゃんの可愛らしくてみずみずしいお肌を
維持する効果もあります。
というわけで、白湯は大人にもそうですが、
赤ちゃんの体にとっても良いこと尽くしなのです。

赤ちゃんに白湯の量

では白湯の量はどのぐらい与えればよいのでしょうか?
白湯の量はメインの母乳やミルク、離乳食に
影響しない量がよさそうです。
赤ちゃんの頃は月齢に応じて
量を調整していくとよいそうです。
私は1カ月検診の頃にお風呂上りなどの水分補給で
大体1回につき50CCぐらい1日何回でも
白湯を飲ませてもいいですよ、
と保健師さんに教えてもらいました。
ただ毎回きっちりと量を飲んでくれるわけでもないので
量はあまり意識せず、飲みたいだけ飲ませる
という方法でも良いかもしれません。
喉が潤って満足してきたら、
赤ちゃんから自然と口をはなすので、
様子を見ながらでもよいのではないのでしょうか。
赤ちゃんが背を向けるなど嫌がるようでしたら、
もう必要ないので無理には与えないで下さい。
注意点としては量というよりは、
白湯を与えるときのタイミングでしょうか?
母乳やミルクを上げる前に
白湯を与えてしまうと、それだけで満足してしまい、
母乳やミルクを受け付けなくなってしまう、
という心配があります。
離乳食が始まる前の赤ちゃんは、
母乳やミルクが主な栄養源となっていますので
肝心の母乳やミルクを飲んでくれなくなると、
栄養が足りなくなりますね。
したがって白湯を与える時は、お風呂あがりや、
春から夏の汗をかいて暑そうにしているときの
水分補給として与えるタイミングを
限定すれば良いのかなと思います。


スポンサーリンク

赤ちゃんの便秘解消に白湯はいつから?

では、赤ちゃんに白湯は
いつから与えてよいのでしょうか?
生後2か月から与える事ができるようです。
離乳食の前準備として母乳やミルク以外のものを口にする
いい練習にもなるでしょうね。
私の子供は最初に白湯は飲ませたのは
生後2カ月ぐらいの時のお風呂あがりでしたが
哺乳瓶に白湯をいれて飲ませてみましたが、
1度飲んだきりそれからは一切拒否していました。
うちの子供は母乳だからか、
哺乳瓶を受け付けませんでしたので
夏場の暑い日はしょっちゅう
授乳を要求されてなかなか大変でした。
頻回授乳を避けるためにも月齢の低い内から、
白湯に少しずつ慣れていくと良いかもしれませんね。

さいごに

このように便秘解消に白湯は
効き目のある方法の1つといえますね。
ただ赤ちゃんが便秘だからといって、
赤ちゃんが欲していないのにも関わらず
何が何でも飲んでもらおうと
無理に与える必要もないと思いますので
赤ちゃんの様子をみながら与えてみてくださいね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする