赤ちゃんが物を投げちゃう原因は?対処法と怒り方はどうする?

生まれたときはねんねしかできなかった赤ちゃんも

成長とともに色々な事に興味を示し
  
だんだんと行動が活発になっていきますね。

赤ちゃんの成長は大変喜ばしい事ではありますが
  
成長と共に少しずつママを悩ます事も増えてくると思います。 
       
その一つに赤ちゃんがおもちゃ等の

物を投げてしまうという行為があります。

せっかく赤ちゃんに楽しんで遊んでもらおうと

選んだおもちゃを赤ちゃんが投げて壊れてしまったら

ママもとても悲しいですよね。 
  
そんな悩みを持つママさんもいると思いますので、

1つ1つ原因や対処法を探っていきたいと思います。     

スポンサーリンク
      

赤ちゃんが物を投げちゃう原因は? 

赤ちゃんが何故物を投げるのか、わたしの経験から感じた事は  

眠い、お腹がすいた、不快感がある

と何かしらのサインを送っている。

あとはママにかまってほしい

成長過程で覚えたばかりの物を投げる、という動作を

試しているという事があげられます。         

そもそも物を投げるようになるのは

1歳6か月頃からだそうです。  

1歳6か月頃といえば

第一次反抗期にちょうど差し掛かるころだと思います。 

そこに赤ちゃんの何らかの意思表示のようなものが、

物を投げるという行為につながっているのではないでしょうか。


スポンサーリンク

赤ちゃんが物を投げた時の対処法  

まずは今の時期の赤ちゃんは

物を投げるのが一時的なマイブームになっていて

成長過程なのである程度は仕方のない事と

理解しておく必要があると思います。

今は物をなげるのがブームなのかな?と思えば

投げて壊れたりするようなおもちゃは

ブームが去るまで取りあえずは見えないところに隠して

しばらくしてもう大丈夫かな?と思った頃に

隠してあったおもちゃを与えるのも1つの案だと思います。

また投げても壊れないやわらかい素材のおもちゃなら

何度でも投げていいですし

赤ちゃんが持ちやすい大きさのボールを使った遊びに

付き合ってあげるのもよいでしょう。

子供はボール遊びが好きだと思いますので

心置き無くどんどん投げてもらいましょう!


赤ちゃんが物を投げた時の怒り方は?

地域の児童館や子育て支援センターなど

ママは赤ちゃんとお出かけする機会も増えてきますよね。

つい人の目を気にしてしまい

赤ちゃんが何かイタズラをすれば

どうしてもダメ!ときつく注意してしまうママもいますよね。

わたしも人の手前つい自分の子供に

きつく注意してしまった事はあります。

赤ちゃんの行為に悪気はないのできつく怒るのは

なるべく回避する方向に持っていって欲しいのですが、

それでもどうしても怒らなければならない

という場面はありますよね。

周りのママさんがどんな風に子供に注意をしているのか

周りを見回すと、ダメ!と注意をしている声が

圧倒的に多かったと思います。

ネットで調べると、冷静な表情でメ!

と短い一言で注意をすると効果的というのもありました。

皆さん試行錯誤しながら子育てしているのですね。

また赤ちゃんが何故物を投げるのか

原因を探るのも良いと思います。

赤ちゃんの気持ちになって想像を膨らませてみて下さい。

もし怒って物を投げている様子でしたら、

少し赤ちゃんの気持ちを代弁してみましょう。

お腹がすいたのかな、とかそろそろねんねかな、とか。

○○が嫌だったのかな?とか

思いついた事を声に出して言ってみます。

それから注意に移ります。

おもちゃを投げたらいけないよ。

おもちゃさん痛い痛いって泣いているよ。

など赤ちゃんに注意したい事を言うといいと思います。

伝えるときは、短く言うのが効果的なようです。

まだ赤ちゃんだから通じないかな?

と思う方もいるかもしれませんが、

わたしの子供が赤ちゃんの頃を思い出しますと、

意外とママの発する言葉は

赤ちゃんでも理解できているように思いました。

ママはわかってくれている

という信頼関係が安心感につながり

子供は言う事を聞いてくれるようになります。

簡単にすぐにとはいきませんが、繰り返し教えていけば

成長と共に少しずつ

問題行動も減っていくのではないでしょうか。

まとめ

赤ちゃんの気持ちを考えると、

ダメ→行動を否定→自分を否定されたように

捉えてしまう可能性もあるので

まだ善悪の区別のつかない赤ちゃんに禁止の言葉は

最終手段で、赤ちゃんの置かれている環境を見直しながら

なるべく回避する方向で

この時期を乗り切っていくのが良いと私は思います。

それではまた(´∀`*)ノシ バイバイ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする