木のおもちゃの消毒方法は?手入れや間違った消毒方法は?

子どもっていろいろなものを口にしますよね。

落ちているものはもちろん、おもちゃもぺろぺろ舐めちゃっていると
思いますが、みなさんは消毒していますか?

「公共の施設じゃないし、自分の子しか使っていないから消毒なんて
していないわ。」というお母さんは多いかと思います。

確かに、自分の子どもしか使っていないのですが、おもちゃを舐めて
湿ったその場所に雑菌がついて繁殖している可能性があります。

今回は、木のおもちゃの消毒方法やお手入れの仕方、間違った消毒方法や
プラスチックや布製のおもちゃの消毒方法についてお話ししていきたいと思います。

では早速見て見ましょ~(/・ω・)/

スポンサーリンク

木のおもちゃの消毒方法は?

木のおもちゃは、プラスチックと違って煮沸や浸け置きができません。

では、どうやって消毒するのかといいますと、手ぬぐいを湿らせて
拭くくらいで大丈夫です。

この時、手ぬぐいをよーーく絞ってから拭いてください。

その後は、日向で干すとひび割れる可能性があるので、
陰干しで湿気を乾かしましょう。

また、プラスチックや布製のおもちゃの消毒方法もご紹介したいと
思います。

プラスチック製のおもちゃの消毒方法

プラスチックのおもちゃは、煮沸や浸け置きで消毒します。

もちろん、手ぬぐいを消毒液に浸して拭くのもOKです。

消毒液につけ置きした後は、水で濡らしたタオルで拭いて、
天日干ししましょう。

布製のおもちゃの消毒方法

子どもたちが大好きなぬいぐるみや、布絵本などのおもちゃは、
浸け置きもできますが、洗濯してしまうのが一番簡単な消毒方法です。

干す時は、天日干しでしっかり殺菌してあげましょう。

木のおもちゃのお手入れ

木のおもちゃは湿気に弱いので、乾燥した布で軽く拭いてあげましょう。

おもちゃがささくれたり、割れたりした場合はやすりで削ってあげたら
大丈夫です。

おもちゃに汚れがついて落ちなくなってしまった場合も、やすりで
削ってあげたら落とすことができますよ。

フライ返しのように隙間が空いていて、そこに埃が溜まった場合は、
綿棒やガーゼなどで隙間を拭いちゃいましょう。

最後にオイルを塗ってあげることで、汚れが付きにくくなりますよ。


スポンサーリンク

間違った消毒方法

木のおもちゃは湿気が天敵です。

なので、消毒液をたっぷりつけて拭いたり、あまり絞っていない
タオルで拭くと、おもちゃが水分を吸ってカビが生えたり、菌が
繁殖してしまいます。

なので、消毒液をつけてもしっかり絞って拭きましょう。

また、乾燥機を使っておもちゃを乾かすと、傷になったり、
ヒビが入る可能性があります。

必ず日陰に干すようにしましょう。

さいごに

いかがでしたか?

お子さんが大好きなおもちゃ、少しでも長く使って欲しいですよね。

遊ぶほど汚れてすり減るおもちゃですが、お手入れ一つで長く
遊べるものです。

ぬいぐるみも積み木も、木のおもちゃも毎日毎日消毒する必要はないので、
週1回でも汚れが気になった時でも良いので、おもちゃのメンテナンスも兼ねて、
お手入れしてあげましょう。

私も、娘のおもちゃの消毒はそんなに頻繁にはしていません。

汚れが気になった時や、お天気が良い時に天日干ししています。

ただ、新生児だった時は結構神経質になっていて、旦那に
「そんなに神経質にならんくても良いんちゃう?」と
言われてから、頻度を下げました。

菌に繁殖されるのは困りますが、子どもが菌に慣れるきっかけも
おもちゃでしょうから、それを遠ざけるのは確かに違うなーと
思ったことも、消毒の頻度を下げた理由の一つです。

皆さんも消毒は大切ですが、神経質にならずに何がお子さんに
とって大切なのかを頭に置いて、おもちゃのお手入れをしましょうね^^

それではまた(´∀`*)ノシ バイバイ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする