赤ちゃんのいびきっていつから?原因と対処法はどうするの?

睡眠は、赤ちゃんの成長をうながすとても大切な役割をもっています。
「大人はいびきをかく人が多いけど、赤ちゃんは一体いつからいびきを
かくの?」と、気になっているママは多いのではないでしょうか?
そこで今回は、赤ちゃんがいつからいびきをかきはじめるのか、
赤ちゃんがいびきをかく原因・いびきの対処法までを紹介します。
ぜひ参考にしてくださいね。

スポンサーリンク

赤ちゃんのいびきっていつから?

赤ちゃんは、生まれたころからいびきをかくと言われています。
この時期のいびきは、赤ちゃんの気道が未発達なのが原因で
起こることがほとんどです。
気道が発達してくる生後4ヶ月頃以降には、いびきは
落ち着いてきますが、生後4か月以降も続くいびきがあるのです。
その原因は一体何なのでしょうか?

赤ちゃんのいびきの原因

赤ちゃんのいびきの原因には、心配のないものと、
少々心配なものがあります。詳しくみていきましょう!
心配のいらない原因は以下の二つです。
・喉の構造が未発達
・鼻づまり
上記でもお話ししましたが、月齢の低い赤ちゃんは、気道が未熟です。
そのため、いびきをかきやすくなっています。
風邪をひいたときや、ほこり、食べ物などのアレルギーが
あると、鼻づまりを起こしてしまう場合があります。
そして、少々心配ないびきは、
・アデノイド肥大
・扁桃腺肥大
・睡眠時無呼吸症候群
の三つです。
アデノイド肥大は、喉の組織のアデノイドが大きくなってしまうことでおこる
子ども特有の病気です。鼻の空気が通るところが狭くなるために、
いびきがおきる場合があります。
扁桃腺肥大も、喉の扁桃腺が大きくなってしまうことでいびきが
おこります。このふたつが原因で睡眠時無呼吸症候群になってしまうことも。
睡眠時無呼吸症候群は、睡眠中に喉の気道が狭くなるのが特徴です。
赤ちゃんの呼吸がとまってしまうとなると、ママとしては心配ですよね。


スポンサーリンク

赤ちゃんのいびきの対処法

次は、赤ちゃんのいびきの原因別に、それぞれの
対処法をみていきましょう。

喉の構造が未発達

成長とともに、いびきは改善されるとはいえ、ママは
気になってしまいますよね。
低月齢の赤ちゃんのいびきが気になる場合は、
赤ちゃんを横向きに寝かせ、空気の通り道を広げてあげましょう。

鼻づまり・アレルギー

赤ちゃんの鼻が詰まってしまうと、赤ちゃんはいびきをかくだけなく
寝苦しくなってしまいます。できるだけ鼻の通りをよくして
あげましょう。鼻の通りをよくするには以下のことを試して
みてください。
・頭を高くして寝かせる
・風邪やアレルギーの薬を処方してもらう
・メントール配合のクリームを塗る
子どもが鼻づまりで苦しそうにしているときに、私は
メントール配合のクリームをよく塗ってあげるのですが、
月齢によって塗る量に制限があるので、説明書を
よく読んでから使用してくださいね。

アデノイド・扁桃腺肥大・睡眠時無呼吸症候群

アデノイド・扁桃腺肥大・睡眠時無呼吸症候群は
お医者さんの診察が必要不可欠です。経過観察をしていくか
場合によっては治療をして、いびきとともに
改善していきましょう!

さいごに

赤ちゃんのいびきは、心配のないものがほとんどですが、場合によっては
病院を受診した方がいいケースがあります。
まずは、赤ちゃんのいびきが心配のいらない、いびきなのか
心配な、いびきなのかを見極めましょう。
赤ちゃんが寝ているときに、しっかりと呼吸をしているかどうか
確認することが必要です。日頃から赤ちゃんの様子をよく観察するように
して、赤ちゃんに質のいい睡眠を与えてあげましょうね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする