赤ちゃんのあくびが多いのは大丈夫?原因や病気はどんなの?

赤ちゃんがうとうとしながらあくびをする姿はみていて
とてもかわいいですよね。しかし、赤ちゃんのあくびが
いつもより多いと、ママは心配になってしまいます。
今回は、赤ちゃんのあくびについて、赤ちゃんがあくびをする
原因と、あくびに関係する病気までお話していきます。
赤ちゃんのあくびが気になるママは、ぜひ参考にしてくださいね。

スポンサーリンク

赤ちゃんのあくびが多いのは大丈夫?

赤ちゃんも大人と同じようにあくびをします。
赤ちゃんが眠いときや疲れを感じているときに出るあくび
であればとくに心配はいりません。赤ちゃんのあくびで心配なのは
病気の可能性があるあくびです。このことについては
後ほどお話しますね。

赤ちゃんのあくびの原因

実は、あくびがでる原因ははっきりとはわかっていないのです。
あくびの原因は、下記の6つであることが多いと言われています。

・眠いとき
・疲れているとき
・もらいあくび
・緊張しているとき
・脳の温度調節
・病気の可能性があるとき

あくびは、緊張しているときや、脳の温度調整、
病気の可能性があるときにもでることがあるのですね。
一時的なあくびは、心配いらないものがほとんどですが
赤ちゃんの体調がわるいときにでるあくびは危険な病気が
かくれているサインかもしれません。

スポンサーリンク

赤ちゃんのあくびが多い時の病気

赤ちゃんが頻繁にあくびをするときは、以下の病気が考えられます。

・胃腸炎
・舌癒着症

赤ちゃんは、胃腸が未発達なので、少しの刺激で
胃腸が弱ってしまいます。赤ちゃんにあくびが多くでていて
食欲がないときは、病院を受診することも視野に入れて
くださいね。そしてあまり聞き慣れない「舌癒着症」
といった病気があります。舌癒着症とは、普通なら
離れている舌の部分が癒着している状態のことをいいます。
あくびの他に、授乳がうまくいかないなどの症状が現れた
場合は病院を受診しましょう。
また、眠くないのにあくびがでる、「生あくび」
が多いときは要注意です。子どもの生あくびは自家中毒という
病気の可能性があります。自家中毒というのは、急に吐いたり
元気になったりを繰り返す病気です。主に2歳から10歳までの
子どもがなりやすいので、赤ちゃんのなる確率は低いのですが
参考までに頭にいれておいてくださいね。

さいごに

いかがでしたか?一時的な赤ちゃんのあくびは
心配のいらないものがほとんどなので、あまり気にしないように
しましょうね。しかし、あまりにもあくびの回数が多かったり
他にも気になる症状があるときには、迷わず病院を受診しましょう。
病院にいって、なにも問題がなかった、といわれると
ママも安心できますよね。小さな口でかわいいあくびをする
赤ちゃんは期間限定です。あまり心配しすぎずに、成長を
見守ってあげましょう。

それではまた(´∀`*)ノシ バイバイ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする