赤ちゃんのエアコンで暖房の設定は?乾燥を防ぐ方法と電気代は?

人は暑い時には汗をかいたり
寒いときには震えを感じたりして
自律神経である体温調節調節機能を使って
自身の体温をコントロールすることができます。

しかし、
赤ちゃんはこの自律神経が未発達なため
1人で体温調節をすることができません。

そのため
冬場は重ね着やブランケットなどで調節したり
こまめに赤ちゃんの温度をみてあげる必要があるのです。

赤ちゃんのいる家庭では
エアコンによる暖房が安全で便利ですよね

暖房を一日中つけっぱなし…なんて方も多いと思いますが
赤ちゃんに適した室温って?
乾燥対策は?
ぶっちゃけ電気代は大丈夫?
色々と気になりますよね。

今回は赤ちゃんのいる家庭での
エアコンによる適切な防寒対策について説明します。

スポンサーリンク

赤ちゃんのエアコンで暖房の設定は?

大人よりも体温の高い赤ちゃん。
大人にとって心地よい温度でも赤ちゃんには負担となる場合もあります。
そのため、寒い冬場でも
きもち低めの設定温度が望ましいとされています。
具体的には、20〜23℃の間くらいを目安にすると良いでしょう。

また、赤ちゃんの運動量に合わせた温度設定も必要です。

例えば
ねんね期にあたる新生児〜寝返りが始まるまでは
運動量が少ないため、やや高めに設定しても問題ありません。

ハイハイやつかまり立ちが始まったら
運動量が多くなり体温が高くなるため
やや低めの温度に設定してあげましょう。

赤ちゃんの乾燥を防ぐ方法

暖房を使うと乾燥が気になるところ。

大人でも乾燥したらお肌がカサカサになったりしますよね。
赤ちゃんにとっても乾燥は不快なもの。

また、乾燥した状態が続くと
風邪の原因となるウィルスが活性化したり、
喉の粘膜の乾燥により免疫機能が低下しウィルスに感染しやすくなったりと
健康衛生面でも悪影響がでてきます。

そのため、温度設定と同様に湿度管理も重要なのです。

ではどれくらいの湿度が心地よいのでしょうか?

一般的に
湿度が40%以上を下回ると乾燥を感じ
インフルエンザなどに感染しやすくなります。
また、湿度が70%を超えるとカビが繁殖しやすくなります。

心地よさを保つために
湿度は40%〜70%ぐらいに設定すると良いでしょう。

最近ではウィルス対策ができる高性能な加湿器などもありますが
コップや洗面器に水を張ったり、
洗濯物を室内に干したりするだけでも加湿効果が期待できます。
また、 簡易的な水揚げ式の加湿グッズは
おしゃれ感も出るし
お手入れも簡単なので
赤ちゃんがいる家庭にはピッタリかもしれませんね。

また、加湿と同じくらい大事なのが換気です。
温められた空気は上の方に溜まるので
換気をして空気を循環させることで暖房効果も上がります。
また、長時間しめきった部屋は埃や雑菌で空気がよどんでしまうので
衛生面でもあまり良くありません。

適度に換気をして空気の入れ替えをしましょう。


スポンサーリンク

エアコンを一日中使った場合の電気代は?

特に冷え込む冬の夜は
暖房をつけっぱなし…なんて方もいると思いますが、
一日中エアコンをつけっぱなしにすると
電気代が心配ですよね。

エアコンの機種や、その使い方にもよりますが
一日中エアコンをつけっぱなしにすると
通常の2倍程の電気代になることも。

就寝時にエアコンをつっけたまま寝てしまう
なんて方も多いと思いますが、赤ちゃんは眠るとき
体温が上がりすぎなように手足から熱を放出しています。
寝ているときもエアコンをつけたままにしていると
ただでさえ未熟な赤ちゃんの体温調節機能に
大きな負担を与えてしまうことになりかねません。

一日中エアコンをつけっぱなしにする必要はありません。
こまめに赤ちゃんの様子や気温をみながら
臨機応変にエアコンを使用しましょう。

さいごに

いかがでしたでしょうか。
服の重ね着などで赤ちゃんの体温調節をすることももちろん大事ですが、
エアコンは安全で確実な防寒対策の一つです。

暖房を正しく使用して
赤ちゃんに心地のよい環境を作ってあげましょう。

それではまた(´∀`*)ノシ バイバイ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする