赤ちゃんが離乳食の時に泣く原因は?対処法と食べてくれない時は?

赤ちゃんは6ヶ月を過ぎる頃から離乳食が始まります。

離乳食用のグッズやレシピを揃えて準備万端!
いざ離乳食を与えてみると
突然泣き出して食べてくれない…。
そんな経験をもつお母さんはたくさんいるのではないでしょうか。

せっかく頑張って作った離乳食なのに…
と、悲しくなってしまいますよね。

でも大丈夫。
赤ちゃんが離乳食を前にして泣くのは
大抵の場合はちゃんと理由があるのです。

今回はその理由と
その対処法について説明します。

では早速見て見ましょ~(/・ω・)/

スポンサーリンク

赤ちゃんが離乳食の時に泣く原因は?

赤ちゃんの肌と同じように
赤ちゃんの口中はとても敏感です。
母乳やミルクしか口にしていない赤ちゃんは
初めて出会う食べ物の
食感や匂い、味にびっくりするでしょう。
なるべく違和感がないような形で
離乳食を与えてあげるのが理想的です。

赤ちゃんが離乳食を嫌がる理由の一つに「触覚」の問題があります。
「味覚」も大事なのですが、
赤ちゃんの味覚はまだそれほど発達していませんので、
離乳食初期の段階で大事になってくるのが「触覚」です。

特に食べ物の大きさや柔らかさ、温度は
赤ちゃんにとって適切でなければいけません。

育児書には一般的な離乳食の下ごしらえの方法が書かれていますが、
それはあくまで「一般的」な話。
大事なのは、その赤ちゃんにとって適切なカタチかどうか
ということです。

もちろん最初は育児書等を参考に離乳食を作っても問題はありません。
しかし、それでも赤ちゃんが嫌がるのであれば
大きさや柔らかさを変えてみるのも一つの方法です。

いつもよりも少し小さめに刻んでみる。
裏ごしして食べさせてあげる。
熱いものはよく冷ましてから与える。

そんな些細な違いでも赤ちゃんは食べてくれるようになります。

赤ちゃんが離乳食の時に泣いた時の対処法

普段よりも食感やカタチを変えてあげたけど
赤ちゃんが泣いて食べてくれないときもあります。
それは赤ちゃんやお母さんの「気持ち」の問題かも。

赤ちゃんは
お腹が空いていなくて、もっと遊んでいたいのかもしれません。
眠たくて、離乳食よりもお昼寝がしたいのかもしれません。
先に母乳やミルクを欲しているのかもしれません。

どうしても泣き止まないときは
思い切って離乳食から一旦離れましょう。

赤ちゃんの気が済むまで
遊んであげたり、お昼寝をさせてあげたり、母乳を与えてあげましょう。
大人でも気分が乗らないときは食事を抜くときだってあるでしょう。
赤ちゃんも同じように
食事に適切なタイミングがあるのです。

そして、
赤ちゃんの気持ちと同じくらい大事なのが、お母さんの気持ちです。
離乳食をあげるとき、
眉間にシワを寄せていませんか?
「食べて欲しい」という焦りやイライラは
赤ちゃんにダイレクトに伝わってしまいます。

離乳食はお母さんの「愛情」でできています。
あげるときだって愛情いっぱいの笑顔であげたいものですね。
嬉しそうなお母さんの笑顔につられて
泣き止み、笑顔になる赤ちゃんもいるでしょう。
食べてくれなくても、まぁいっか!
ぐらいの軽い気持ちで、
楽しい雰囲気のなかであげてみてください。


スポンサーリンク

赤ちゃんの離乳食で嫌いなものを食べてくれない時は?

赤ちゃんが苦手とする味は
主に「酸味」と「苦味」。
それは、腐敗や毒のシグナルとして
本能的に受け付けない味だからなのです。
酸味や苦味のある食材は
料理の方法を工夫して与えてみましょう。

○ピーマンなどの「苦味」のある食べ物
よく茹でてブレンダーなどでペースト状にして
他の食材と混ぜて食べさせると良いでしょう。
離乳食初期は野菜スープやおかゆに混ぜるのもおすすめです。
慣れてきたらオムレツや豆腐ハンバーグに入れると
苦味が抑えられます。

○ヨーグルトなどで酸味の強いもの
ヨーグルトは赤ちゃん用の酸味の控えめなものを与えてあげましょう。
好きなフルーツと和えてあげると
喜んで食べる赤ちゃんもいるようです。

甘味のある食材(かぼちゃやさつまいも)が苦手な赤ちゃんもいるようです。
ペースト状に潰して牛乳やスープで薄めるなど
甘味を抑えた調理をすると良いでしょう。

赤ちゃんの好みや成長に応じて
調理方法も色々工夫してみましょう。

さいごに

いかがでしたでしょうか。
離乳食期ではできるだけ多くの食材に触れさせて
味覚の幅を広げることが大事です。
「食べれた」「食べれなかった」という結果はあまり大きな問題ではありません。
大人でも食の好みが変わるように
赤ちゃんも成長の過程で食べれるようになったりするものです。
大事なのは食事を楽しむこと。
笑顔にあふれた食卓で
愛情たっぷりの食事を食べることで
身体と同じように豊かなこころが育っていきます。

お母さんも毎日がちょっとした実験だと思って
赤ちゃんと一緒に離乳食を楽しんでくださいね。

それではまた(´∀`*)ノシ バイバイ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする