赤ちゃんが実家で泣く原因は?対処法や安心させるためには?

せっかく実家に帰省したのに、赤ちゃんが泣きっぱなしで
体も神経も休まらない…そんな経験をしてしまったら実家に
帰るのが苦痛になってしまいます。泣いてばかりだと赤ちゃんも
ママも疲れてしまうし、なんとかご機嫌になってほしいものです。
なによりおばあちゃん、おじいちゃんにも明るくかわいい笑顔の
孫をみせてあげたいですよね。
そこで今回は赤ちゃんが実家で泣く原因から対処法、安心させる
コツまでを紹介していきます。

スポンサーリンク

赤ちゃんが実家でなく原因は?

ママにとっては安心できる実家なのに、なぜ孫である
赤ちゃんは泣いてしまうのでしょうか。

いつもと違う場所

赤ちゃんは産まれてから長い時間を自分の家で過ごします。
家の空気感や匂い、雰囲気など全てが赤ちゃんを安心させる
材料になるのです。そんな安心、安全の空間からいきなり
全く違ったところに連れていかれると、赤ちゃんは戸惑ってしまいます。
話すことができない赤ちゃんは、泣いて訴えるしかできないのです。

人見知り

赤ちゃんは早くて生後3、4か月頃から人見知りがはじまります。
ママとママ以外の人との区別がつくようになったというのはうれしい
成長でもありますが、困る場面も増えていきますよね。実家に帰り
おばあちゃんやおじいちゃんに会うと、泣き出してしまうのも人見知り
が原因です。

赤ちゃんに実家で泣かれた時の対処法

何しても泣き止まない!そんなことがないよう、しっかりと
対処法を考えておきましょう。

お気に入りのおもちゃと新しいおもちゃを渡す

いつもお家で遊んでいるおもちゃや絵本を持っていき、実家で
遊ばせます。それでもダメな場合は、今まで見せたことのない新しい
おもちゃを渡します。赤ちゃんは好奇心旺盛なので、新しいおもちゃを
渡されると夢中になり泣き止むことがありますよ。私は実家に帰るときや
旅行に行くときなどに実践しています。しばらく新しいおもちゃで
遊んでくれるのでとても助かります!

落ち着くまでママが抱っこする

やはりママの力は偉大です。大泣きしていると泣き止むまで
少々時間はかかりますが、確実な方法です。

歌をうたったり音楽をかける

赤ちゃんは音楽が大好き!好きな音楽をかけて気を紛らわせて
あげるのは効果絶大です。その時ママや、おじいちゃん、おばあちゃんも
一緒に歌ってあげると赤ちゃんは楽しくなって泣き止んでくれるかもしれません。

おやつをあげる

おいしいおやつの誘惑に勝てる赤ちゃんはいないのではないでしょうか。
お砂糖や添加物が気になるママは、フルーツやサツマイモをあげてみるのは
いかがですか?私はよく子どもにバナナ、さつまいも、りんごをあげていますよ。

スポンサーリンク

赤ちゃんを安心させるためには?

せっかく泣き止んでもまたいつ泣き出すかわかりません。
授乳や抱っこなどママの匂いで常時安心させてあげましょう。
赤ちゃんはママの匂いが大好きです。赤ちゃんを安心させるためには
家族みんなが和やかな雰囲気で、笑顔でいることも大切な要素です。
ピリピリとした雰囲気など赤ちゃんはすぐに感じ取ってしまうのです。
しっかりとスキンシップもとってあげましょうね。

さいごに

体も心も毎日成長している赤ちゃん。実家で泣いてしまうということは
自分のおかれた場所がいつもと違うとわかるから。
素晴らしい成長ですよね。その反面ママは大変になりますので、おばあちゃんや
パパに頼れるところはしっかりと頼って乗り切ってください。
赤ちゃんも時間がたてば実家に慣れていくと思うので、焦らずゆっくりと
慣らしてあげてください。
日頃からおばあちゃん、おじいちゃんの写真をみせたり、テレビ電話などで
交流しておくといいかもしれませんね。

それではまた(´∀`*)ノシ バイバイ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする