子供とできるクリスマスの飾り付けは?100均や折り紙の折り方の紹介

だんだんと寒くなってくると、冬が近づいて来たなぁと感じますよね。
冬といえばクリスマス。そろそろツリーを出そうか考えている
人も多いですよね。
また今年はお子さんと一緒に飾り付けをしてみようかと
思っている人も多いと思います。
今回はクリスマスにぴったりな簡単な飾り付けや
折り紙を使った飾り付けなど紹介しますね。

スポンサーリンク

子供とできるクリスマスの飾り付けは?

トイレットペーパーの芯と色画用紙や色のビニール使って
サンタクロースの顔を作るのはどうでしょうか?
芯を縦にして、顔の位置の部分にうすだいだい色を貼り
帽子の位置には赤の画用紙、または赤のビニールで帽子を作ります。
上の方でモールなどで結ぶと、帽子の雰囲気が出ますよ。
髭の部分には綿を貼り付けたり、5センチくらいの長さに切った
白の毛糸数本をを貼っても可愛いですよね。
顔や口はクレヨンやペンを使い、お子さんに描いてもらって
いくつか作れば可愛い表情のサンタクロースの出来上がりです。
次に紹介するのは、子供の手形を使った飾りです。
まずは丸く切った画用紙に手のひら全体にうすだいだい色の
絵具を塗ってぺたっと手形をします。
次に指を使って白の絵具を使ってひげの部分につけます。
そのときに眉毛につけても楽しいかもしれませんね。
背景になる画用紙は、好きな色でいいのですが
明るい色よりは暗めの色が目立ちやすいと思いますよ。
例えば黒を背景に使うと顔がはっきり見えますし、
周りには白絵具をつけたストローで模様をつければ
雪のように見えて、クリスマスにピッタリの飾りになります。

100均でできるクリスマスの飾り付け

100均には色々な材料が売ってますよね。うまく使えば、素敵な飾り付けになります。
まずはモール。100均ではキラキラしている色が入っているのが
販売されています。
モール5本を半分に折りそれを繋げると、星の飾りができます。
リボンなどでひっかける部分を作れば、クリスマスツリーに飾ることができますよ。
また以前テレビでも紹介されていたことがありましたが、
マスキングテープを使って、壁に貼って直接飾り付けをすることができます。
ガムテープとは違い、そこまで強い粘着力はないので
剥がしたあともべたつくことはありませんし、色々な柄のマスキングテープが
あるので、素敵な飾りになりますよ。
子供と一緒にマスキングテープで文字を書いたり、絵を描くのは
喜ぶかもしれませんよ。
この時期になると、サンタクロースやトナカイの小さな人形があると思います。
それらを使って、スノードームを作ってみるのはどうでしょうか?
洗濯ノリも100均で販売されていますし、空き瓶も販売されてますので
簡単に作ることができます。
ちなみにスノードームは洗濯ノリだけだはなく、水を混ぜて使用してくださいね。


スポンサーリンク

子供と簡単にできる折り紙での飾り付け

誕生日パーティーや七夕などでよく使う輪っかの飾り付け。
あれは簡単にできますよね。
折り紙を4回ほど折って、細長い紙にします。
まずは1つ輪っかを作って、その中に細長い紙を入れ
鎖状に繋げていきます。
小さいお子さんでものりをつけたりできるので、楽しく作れますよ。
金や銀色の折り紙などキラキラに光っている折り紙を使うと、
華やかになりますよ。
小さい頃キラキラの折り紙はなんだか特別な感じがして、大好きでした。
折り紙に他の色はたくさん入ってますが、金銀は少ないですよね。
だから余計に特別感があったのかもしれません。
みなさんも昔作った経験があると思いますが、切り紙のお星さま。
折って切って作るものですが、たまに切る向きを間違えて
バラバラになってしまった経験ありませんか?
折り紙を折っているので、小さなお子さんがハサミを使って切るのは
難しいし、ケガをしてしまうと大変です。
側で見守ったり代わりに切るなどしてくださいね。
お星さまの延長で、色々な場所を切ると雪の結晶のような模様が作れます。
切り方を変えるだけで異なった模様ができるので
たくさん作り、ガラスや壁に貼ると雰囲気が出ますよ。
カラーセロハンを使うとステンドグラス風になって、
きっときれいに見えるのではないでしょうか。

さいごに

ここまでクリスマスの飾り付けについて紹介してきました。
お子さんの年齢によって、できることが変わってくると思いますが
家族みんなでクリスマスに向けて、盛り上がっていけるといいですね。
参考になると嬉しいです。
素敵なクリスマスになりますように。

それではまた(´∀`*)ノシ バイバイ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする