子供の日のこいのぼりは何歳まで?保管やカビてしまった時どうする?

子供の日のこいのぼりは子供の成長を願って飾るものです。
ですが、子供の日にこいのぼりを飾っていいのは何歳までなのか、
こいのぼりを飾らなくなればどう保管してどう管理すれば
いいのかなど悩むことが多いでしょう。
そこで今回は、
子供の日のこいのぼりは何歳まで?
子供の日のこいのぼりの保管方法
子供の日のこいのぼりがカビてしまった時の対処方法
などをご紹介していきたいと思います。

では早速見て見ましょ~(/・ω・)/

スポンサーリンク

子供の日のこいのぼりは何歳まで?

子供の日と言えばこいのぼりですよね。

子供の日になると小さい男の子のお子さんがいるご家庭では
子供の日にこいのぼりを飾るのが習慣になっています。
ですが、こいのぼりは子供が何歳になるまで飾らなければ
いけないのか悩むところですよね。
そこで、まずはこいのぼりについてご紹介します。

こいのぼりを端午の節句に飾るという風習は中国から伝わったものです、昔中国では鯉が龍門の流れを逆らって登り切り龍になったという伝説があります。
そして日本にの江戸時代には家紋の入ったのぼりを飾る風習があり、中国から伝わってきた鯉と日本で飾られていたのぼりを組み合してできたものです。

端午の節句にこいのぼりを飾る意味
鯉は生命力が強いと言われています、そして鯉は龍門に逆らって登っったということから出世する・立派に成長すると意味が込められて端午の節句にはこいのぼりを飾る風習が出来ました。

では、本題にはい戻りたいと思います。
子供の日のこいのぼりはいつまで飾っていいものなのかと言いますと、実はこいのぼりを何歳まで飾らなければならないというきちんとした決まり事はありません。
ですので、こいのぼりを飾る年齢はご家庭で決めてもいいと思います。

小さい年の男の子ならこいのぼりを飾ってあげると喜びますが成長していくとこいのぼりを飾るのが恥ずかしいなどとお子さんから言われる場合もありますので、飾るとしたら小学校へ上がるまでの方が良いかと思います。
もし、お子さんが小学校へ上がっても飾ってほしいというなら飾ってあげてもよいと思います。

地方や地域によれば何歳までこいのぼりを飾っておかないといけないという風習も
ありますので地域に合わせるのもいいですしご家庭で決めて飾るのもいいと思います。

子供の日のこいのぼりの保管方法

こいのぼりを飾らない時期やもう飾らなくなったけど捨てることはしたくないという方もいると思います。
ですが、こいのぼりの保管方法はあまり知られていません。
そこで、保管方法とお手入れの方法をご紹介します。
こいのぼりを収納してしまう前にまずは洗濯をしましょう。
こいのぼりを洗う時は必ず手洗いで洗ってください。

浴槽にこいのぼりがつかるぐらいのお湯を入れ中性洗剤を混ぜておきます、
そしてこいのぼりを浸け2~3時間つけておきましょう。
浸け終わったら洗剤を洗い流してください。
洗い流し終わったら日陰干しで干してください。

こいのぼりが乾いたら丁寧にたたみこいのぼりを購入した時に入っていた箱などにしまい直射日光が当たらなく高温多湿を避けれる場所で保管してください。


スポンサーリンク

子供の日のこいのぼりがカビた時

保管しているこいのぼりがカビてしまった時の対処方法をご紹介します。

保管しているうちにもしカビてしまったらこいのぼりを手洗いしましょう。
カビの量にもよりますが手洗いで落ちる場合もありますので洗濯機や
洗剤は使わずなるべく手洗いで落とすようにしましょう。
カビが手洗いで落ちたのなら天気のいい日に干し乾いたら高温多湿な
場所を避け保管するようにしましょう。
どうしてもカビが落ちない場合は捨てるという手段をとるしかない場合が
ありますのでなるべくカビが発生しないよう保管しましょう。

さいごに

いかがでしたか?

鯉のぼりは大事にすればするほどさまざまな思い出も一緒にこいのぼりの様に大きくなっていきます。

さらに、こいのぼりは一生ものですので上手に保管しいつでも飾れるように保管しておきましょう。

それではまた(´∀`*)ノシ バイバイ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする