赤ちゃんを連れて帰省する時の持ち物は?マナーや荷物は送っても大丈夫?

生まれたばかりの赤ちゃんは小さくて今にも壊れてしまいそう。
今まで義理のご両親やそのご家族たちは、そんな赤ちゃんに会いに自宅まで
足を運んでくれていたのではないでしょうか?
しかし赤ちゃんの首が座りはじめる頃には「遊びに来て」
と言われることも増えてきますよね。早い方だと首すわり前に
帰省をしなければならないことも。赤ちゃん連れの初めての帰省は
わからないことだらけ!ここではわからないことを一つずつ
解決していきましょうね。

スポンサーリンク

赤ちゃんを連れて帰省する時の持ち物は?

赤ちゃんを連れての帰省は大荷物になりがち。
うんちが漏れたらどうしよう。
授乳中に洋服が汚れてしまうかも。
そんな心配が重なってしまい、気づけばカバンに
入りきらない程の荷物に!そうならないためにも
ポイントを絞って必要なものを持っていくことにしましょう。
赤ちゃんとの帰省で最低限持っていきたい持ち物はこちらです。
・着替え(下着や洋服)
・靴下
・パジャマ
・哺乳瓶
・ミルク
・哺乳瓶の消毒セット
・レトルトの離乳食(月齢によります)
・離乳食用のスプーンやスタイ(月齢によります)
・母子手帳(保険証、医療証も含む)
・おむつ
・おしりふき
・おむつを捨てる袋
・赤ちゃん用ソープ
・ガーゼ

続いてあると便利な持ち物です。
・ビニール袋
・防水シート
・お菓子
・赤ちゃん用の爪切り
・ベビー綿棒
・保湿剤(普段使っている方は)
・おもちゃ
・抱っこひも
・ベビーカー
・授乳ケープ

上記にあげたものを全て持っていく必要はありません。
もし、帰省先で揃えられるものがあるなら、わざわざ持っていく
必要はありませんね。オムツ、ミルク、おしりふき、
レトルトの離乳食などは、かさばるので
帰省先で調達した方が持っていく荷物が少なくて済みますよ。

赤ちゃんを連れてく時のマナー

赤ちゃんにとって、こぼしたり、汚したり、泣いたりするのは
当たり前のことです。そこまで神経質に気を使うことはないですが
移動中の車内や飛行機で床にお菓子をこぼしてしまったら
きちんと拾う、ぐずってしまったらおもちゃであやすなど
できる限りのことはしましょうね。
周りの人に迷惑をかけない車移動はとてもおすすめです。
車で帰れる距離なら検討してみてはいかがでしょうか。
帰省先では、洗濯機をお借りした時や、ミルクを作るために
お湯をもらった時などにはしっかりとお礼をいいましょう。
難しいことはなにもないです。「ありがとう」の
気持ちを伝えることが一番大切ではないでしょうか。
初めてのおばあちゃんの家。赤ちゃんはもちろん
おばあちゃんおじいちゃんは、赤ちゃんが来るのをとても
楽しみにしています。最低限のマナーだけ守れば
他は気にすることなし。ママは少々気疲れしてしまうかも
しれませんが、休めるときに体を休めてくださいね。


スポンサーリンク

荷物は送っても大丈夫?

車移動なら多少荷物が増えても問題ありません。
ベビーカーだって楽々詰めてしまいます。
しかし電車や飛行機移動なら話は別。
少しでも荷物を少なくするために、帰省先に先に送ってしまっても
支障がない物は送ってしまいましょう。
もちろん勝手に送るのではなく、義理のご両親に事前に
確認をとってください。
荷物を帰省先に届ける日にちは帰省する前日か当日に着くよう
手配し、なるべく帰省先に迷惑をかけないようにするといいと思います。
届ける時間帯なども相談して決めるといいですね。

さいごに

初めての帰省は、心配ごとがつきないもの。
忘れ物がないか荷物のチェックをしっかりとすれば
あとはママ、パパ、赤ちゃんで向かうだけです。
帰省中は予想もしていなかったことが起きるかもしれません。
移動中の公共機関でぐずりだしたら、いつもはあまり
あげないようにしているお菓子を与えてもいいんです。
帰省先でお風呂の時間が遅くなってしまいせっかく整えた
生活リズムが狂ってしまう?そんなの全然大丈夫です。
お家に帰ったらまた整えていけばいいんです。
普段とは違う環境に戸惑うかもしれませんが
臨機応変に対応していくことも大切ですね。
そして赤ちゃんは長時間移動にまだ慣れていません。
休み休み、時間に余裕をもって向かいましょう。
それではお気をつけていってらっしゃい!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする