発達障害の子供と自宅でハロウィンの楽しみ方は?注意点とおすすめアイテムは?

毎年9月ごろになると店頭でも 様々なハロウィングッツが並び、 ハロウィンのシンボルカラーであるオレンジ色が ひときわ目立つようになりますね。 10月に入ると各地でハロウィンのイベントが 本格化しますが、ハロウィンのイベントを子供と 一緒に楽しみたいと思っているママも 多いのではないでしょうか。

2歳の発達障害の子供の偏食の原因は?嫌がる時と食べてもらう方法は?

2歳の発達障害の子供の偏食がひどくて 毎回食事を用意するのが大変というママもいると思います。 2歳児は成長の度合いに個人差があり発達障害と 診断するのは専門家でも難しいといわれていますが、 まれに2歳以下で発達障害の診断を受ける子供もいます。 発達障害の子供が偏食になることは多いといわれていますが

発達障害と喘息は関係あるの?発作を起こした時の対処法と治療方法は?

こんこんとせき込み咳がたくさんでて止まらない、 また呼吸が苦しいといった症状が子供の喘息です。 発達障害の子供は特に喘息の子が多いと言われています。 発達障害と喘息の関係はあるのでしょうか? また発作を起こしたときの対処法や 治療法はどのようなものなのか これから説明していきたいと思います。

夫がマタニティーブルーになる原因は?対処法と注意点は?

マタニティーブルーは女性が妊娠や出産をしたときに 感情が不安定になることをいいますが、 実は男性も女性と同じようにマタニティーブルーに似た 症状になることを知っていましたか? 男性がマタニティーブルーになると育児の参加を放棄したり 家庭から逃避したりして夫婦の危機を招く場合もあります。

旦那が子育てを手伝ってくれない時の対処法は?動かし方とイライラ発散法

昔は「男は外に出て働き、女は家を守るもの」という考えが当たり前だった時代、子育ても母親がするべきと言われていたものです。 ですが今の時代、女性も出産後働く人も増えてきていますので、「子育て」は決して母親だけがしないといけないことではありません。 子育ては夫婦でするものです。

赤ちゃんが指しゃぶりで腫れてしまうのは?原因とやめさせ方は?

赤ちゃんは指しゃぶりが大好きです。 気が付けば指しゃぶりしていますよね?でも中には指しゃぶりのし過ぎで指が真っ赤に腫れたり、タコができてしまう場合があります。 「指しゃぶりで指が腫れたりタコができるってどういうこと?」 と思ってしまうかもしれませんが、赤ちゃんの吸う力は結構強いのです。

発達障害の子と犬の影響は?注意点と犬の選び方は?

犬を飼うことは子供の成長に良い影響を与える と言われているので、我が家でも犬を飼ってみようかなと 考えるファミリーもいると思います。 良い関係を築くことで 子供にとって犬は大切な友達になるでしょう。 発達障害の子供にも犬を飼うことで 成長に良い影響を与えることができるのでしょうか?

発達障害の子供に猫を飼うのはどうなの?対処法とメリットとは?

幼いころから生き物と一緒に生活をすることで 子供の情操教育にもなると言われています。 ペットの中でも代表的な猫はとても人気がありますね。 発達障害の子供のいる家庭で猫を上手く 飼うことができるのかとても気になりますね。 猫を飼う上での心配事の対処法や猫を飼うことで 発達障害の子供にメリットはあるのでしょうか?

子育てに夫が口出しをする時の対処法は?むかつく時と嫌いにならない方法は?

赤ちゃんが生まれると子育てに口出ししてくる夫が むかつくというママもいると思います。 口出ししてくる夫の特徴は 神経質で細かい性格でもありますね。 手伝ってくれて口出しされるならまだいいのですが、 最悪なパターンだと口は出すけど 何も手伝ってくれないという夫ですよね。...